ピコドン
PICODON

ピコドン

印刷用の商品説明書画面を起動

ピコドンの名前の由来は「ピカン(ピリッとして)」と「ドゥ(甘い)」が訛ってピコドンと呼ばれるようになったと伝えられます。ドローム県のデュールフィでは、表面のカビを水でごしごしと洗って食べる伝統的な「ピコドン・アフィネ・デュールフィ」があり、地元の人たちにとっては今も人気です。しかし、日本のお漬物と同じように近年の傾向は熟成の若い、ほっくりとした口当たりで、ミルクの甘みが残る優しい味わいのものに軍配が上がります。自然のかびをうっすらとまとったピコドンはそのままでも充分に美味しく、同郷のワインとのマリアージュを楽しめます。周りに白かびや青かびをまとい熟成が進むにつれ、ピリッしたシャープさが程良くでてきます。ハーブで香りづけてオリーヴオイルをかけていただいたり、パン粉をつけてフライにするのもお勧めです。


※ピコドンは、熟成段階のカビが発生する様々な状態で楽しまれているシェーヴルチーズです。衛生上の問題はありませんが、外皮のカビが気になる方は、表面を取り除いてお召し上がりください。
価格

一般小売価格(税込)
¥1,134(1個あたり)

メンバーズクラブ(有料会員)会員価格(税込)
¥1,021(1個あたり)

商品発送日 -
在庫
数量
(数量1=1個)

カートに入れる

産地 地域 タイプ 乳種 1ホールあたりの総重量
フランス ローヌ・アルプ圏ドローム県 シェーヴルタイプ 山羊山羊 60g

このチーズに合う飲み物: スパークリングワイン、 爽やかな白ワイン、 しっかりした白ワイン

このチーズの関連コンテンツ: 今月のチーズの話:ピコドン フェルミエ 今月のチーズの話:ピコドン Picodon

  • チーズ豆知識1 チーズの選び方・保存方法
  • チーズ豆知識2 チーズの栄養
  • チーズ豆知識3 チーズ用語辞典