ケソ マホレロ
QUESO MAJORERO

ケソ マホレロ

印刷用の商品説明書画面を起動

アフリカに一番近いフェルトベントゥーラ島のみでつくられているのがケソ・マホレロ。ここには、乾燥地帯に順応したマホレラ山羊がいます。そのミルクは脂肪分が高く、泌乳量は年間平均600kg という高さ。製法はスペインを代表するケソ・マンチェゴとよく似ています。凝乳酵素を加えて固めた後に、切断・攪拌し、布を敷いたプラスティックの型に流し込み、反転を数回したところで、ケソ・マホレロの目印となる模様がついた型に入れてプレスします。その後は型から出し塩水漬け、乾かしてから熟成という手順です。ヨーグルトのような爽やかな酸味と甘みがあるフレスコは8〜20日。もっとも人気のセミクラードは20〜60日の熟成。今回、皆様にお届けするケソ・マホレロは熟成20〜60日を経たセミクラードです。時にカナリア種の羊のミルクも入れることもありますが、山羊乳製のものは独特のクセはほとんどなく優しい味わい。リッチで上品な酸味があり、ナッツの風味も感じられます。

価格

一般小売価格(税込)
¥918(100gあたり)

メンバーズクラブ(有料会員)会員価格(税込)
¥826(100gあたり)

商品発送日 -
在庫
数量
(数量1=100g)

カートに入れる

産地 地域 タイプ 乳種 1ホールあたりの総重量
スペイン カナリア州フエルテベントゥーラ島産 セミハード・ハードタイプ 山羊山羊 約3.5kg

このチーズに合う飲み物: スパークリングワイン、 爽やかな白ワイン、 しっかりした白ワイン、 日本酒

このチーズの関連コンテンツ: 今月のチーズの話:ケソ マホレロ Queso Majorero

  • チーズ豆知識1 チーズの選び方・保存方法
  • チーズ豆知識2 チーズの栄養
  • チーズ豆知識3 チーズ用語辞典