生産者について

フランス ピエール オテイザ / PIERRE OTEIZA

ピエール オテイザスペイン国境近くの山村、アルデュート渓谷で、生ハムやサラミを製造するピエール・オテイザ氏は、絶滅の危機からバスク豚を救った英雄として、その名を知られている人物。彼の功績は国にも認められ、2006 年には「レジョン・ドヌール勲章」を叙勲されました。



バスク豚は戸外で生まれ、生後2ヶ月は母豚と過ごし、その後野山に放たれます。また、厳選された飼料の他に、餌の3/5は野山を歩き回り栗やどんぐり、ブナの実といった自然の恵みを食べて育つため、肉質は繊細で脂身も厚くありません。このバスク豚を使用したサラミは、旨味の濃い風味豊かな逸品ぞろい。土地と製品に最大の敬意を払うオテイザ氏の情熱が、品質の高さに現れています。

生産者一覧

フランスフランス

イタリアイタリア

スイススイス

スペインスペイン

日本日本