今月のチーズのお話

2017 November

ブリア サヴァラン アフィネ <デュラン社> Brillat-Savarin Affiné DELIN
ブリア サヴァラン アフィネ <デュラン社> Brillat-Savarin Affiné DELIN

掲載日:2017/11/27

ブリア サヴァラン アフィネ <デュラン社> Brillat-Savarin Affiné DELIN

ブリア サヴァラン アフィネ <デュラン社> Brillat-Savarin Affiné DELIN 

さわやかな酸味と滑らかな口溶けが高名な美食家の名を冠し、世界的な人気を博した「ブリア・サヴァラン」を4週間熟成させて造られています。やわらかな薄い白カビに覆われ、クリームを添加した中の生地は非常に口溶け滑らかです。
 「美味礼賛」の著者として知られるフランスの美食家の名前を冠した、トリプルクリームのチーズ「ブリア・サヴァラン」。パリの老舗チーズ店「アンドルゥエ」の創業者、アンリ・アンドルゥエ氏が1930年に命名したと言われます。当時、クリームを加えたリッチなチーズはたいへん珍しく、人々の話題をさらいました。
 デュラン社の創業は1969年、フィリップのご両親がディジョン近くに酪農工場をつくったことに始まります。80 年代にはフレッシュタイプのブリア・サヴァランの製造、販売をはじめ、一躍人気を集めました。さらに、1994年にフィリップが製造責任者になると製法を伝統的手法に戻し、白かびをまとった熟成タイプの「ブリア・サヴァラン・アフィネ」に一本化すると同時にIGP(地理的表示保護)を申請しました。“ 誰にも負けない最高のブリア・サヴァランをつくりたい” そんなデュラン氏の想いが伝わってくるようなクリーミーなブリア・サヴァラン・アフィネ。
その評判は少しずつ上がり、売上げも伸ばし続けていきました。
 2000年には大きな投資をして工場を新設し、海外への輸出にも力を入れはじめます。2003年頃から市場が熟成タイプに重心を移しはじめると、大きなコンクールにも出品し、彼の願い通りに次々と金賞を獲得していったのです。
 2014年秋には近代工場を完成させ、生産力はさらにアップしました。2015年7月、コートドール地域がユネスコの世界遺産に登録。さらに、2017年1月19日には、念願のIGP を取得したのです。IGP 登録の伝統的な大きさは500g ですが、もっとも人気があるのは200gのもの。さらに小さな100gサイズも流通していますが、フェルミエで取扱うのは200gサイズのもののみになります。
 ふわふわの白かびに覆われた美しい姿とクリーミーで上品なコクをもつブリア・サヴァラン・アフィネ。華やかなこの季節にもぴったりですね。発泡ワインと一緒にいただくと舌の上で溶け、すばらしいハーモニーを奏でてくれることでしょう。